十勝にあるスイートブレッドが人気のパン工房 カントリーブラン
お店の場所店主紹介パンの種類カフェ生産者とのつながり地域(上美生)のことリンク
TOPページ > 水を巡る物語
 私はカントリーブランのある芽室町の隣町、清水町御影の出身です。もともとパンが好きで、学生時代から東京や横浜でおいしいパン屋さんがあると聞くと、訪ねるのを楽しみにしていました。その後、東京で就職しシステムエンジニアとして働いていたときに、「東京では水が悪いのでおいしいパンが食べられなくなった」と聞き、これがきっかけになって本格的にパン作りを志し、小さなパン屋に転職しました。その後大手のパン会社に転職してハワイで4年間、さらにパン作りの経験を積んで2004年に北海道にUターンしました。


 北海道でパン工房を開くにあたって、最もこだわったのは、今までの経験で得た「良い水を使う」という事でした。パンは粉1キロに対して700ccもの水を使います。水が小麦を蘇らせ酵母を働かせる重要な要素であることは明らかです。実家の清水町を中心に、日高山脈に沿って来る日も来る日もおいしい水をさがしました。

 ある時はお店に入って水を飲ませてもらい、ある時は公園などの水を飲む。日高山脈に近いほうがおいしいとも限りません。わずか100mの差で全然水が違うという場所もありました。また、水は農業との関連も深いので注意が必要です。こうして、水探しはおよそ8ヶ月、3万6000kmにもおよびました。新得から清水、芽室、中札内と、道という道はすべて走り尽くしたのです。

 そうしてたどり着いたのが、上美生の公園にあるこの水飲み場でした。上美生の水は日高山脈の伏流水です。日高山脈に降った雨や雪が、木の葉の混じった土や岩屋岩盤など自然のフィルターを通して流れ出し、湧きだしています。水温は年間を通してほとんど変わらない9度。ほのかに甘い求めていた水でした。しかしいくらおいしいからといって保健所の許可もなく使うことはできません。調べてみると、この地域ではすべての世帯で使われている水で、しかも塩素を使う必要のないくらいきれいで安全な水だということがわかりました。(実際に少量の塩素は使われています。)そうして、私はこの場所でパン屋を開業すると決めて、土地を探すことにしました。それからは周りの方々の協力に恵まれ、2005年1月に「カントリーブラン」を開業するに至りました。






 私の水へのこだわりは、安全な食材を使いたいという願いと同じです。例えば卵は近郊の安全な餌だけで育てている養鶏家から仕入れさせていただいています。小麦は現在も100%道産の粉ですが将来は近郊農家のものを使いたいと考えています。じゃがいもやタマネギ、トマト、ブルーベリーなどいろいろなパンの材料も、同じように顔の見える生産者のものを使用しています。

 このように、水にはじまり、材料にこだわるのは、現代の食生活が子供のアレルギーに関連しているのではないかと考えているからです。化学的な添加物だらけの菓子パンやスナック菓子が、これらの問題を引き起こしているのではないかと考えているのです。私は自分のできるところから少しずつ、こういったことを実践していきたいと考えています。そして幸運なことにそれらを実現できるだけの人とのつながりを、ここ芽室町上美生で得られているのです。良質な生産者が周りに多くいらっしゃって力を貸していただけることに、感謝の気持ちでいっぱいです。


<このページのすべての写真は、クリックすると大きなサイズが開きます>





この水飲み場は交番裏の公園にあり、今でも夏は水を飲むことができます。
カントリーブラン発祥の水を飲んでみてください。

カントリーブラン 〒082-0384 北海道河西郡芽室町上美生4線36番地15
Tel&Fax 0155-61-6610 Email en-blanc@taupe.plala.or.jp
Copyright and copy 2006 Country Blanc All Rights Reserved.